矯正歯科

透明で目立たない矯正「アソアライナー®」

「歯並びが気になり治療を行いたいけれど、器具が目立つのが気になる」と矯正治療をためらっていらっしゃる方へ。

「アソアライナー®」は、透明で着脱可能な、マウスピース型の目立たない矯正装置で、従来のワイヤーを利用した矯正とは違い、食事や歯みがきの際は取り外しができるのが大きな特徴です。

また、アソアライナーを利用して、簡単な虫歯・歯周病の治療を並行して行うことも可能なほか、「異物感が少ない、金属アレルギーの心配がない」など、さまざまなメリットがあります。

矯正治療について興味のある方は、お気軽にご相談ください。

アソアライナー

アソアライナーでの矯正方法

現在の歯並びから理想的な歯並びに矯正するために、少しずつ歯型を変えたアソアライナーに定期的に変更して矯正していきます。

無理な矯正は行わず、あらかじめ予測した歯の動きにあわせ、歯の移動量や回転角度をコンピューターで精密に計測した上でアソアライナーは作製されます。

1カ月をワンサイクルとし、3種類のアソアライナーをを10日ごとに交換して0.5~1㎜ずつ歯を移動させ、理想的な歯並びにしていきます。アソアライナーは矯正途中の歯型から作製しますので、矯正治療中の変化に柔軟な対応ができ、より正確な矯正治療が可能となります。

原則として1日に17時間以上装着していただくことになりますが、食事や歯磨きの際には取り外しても結構です。

アソアライナーの特徴

  • 透明で厚さが0.5mm~0.8mmと薄く目立ちにくいので、審美的に優れています。
  • 舌や頬にかかる負担・違和感が少ないので、発音がしづらい、口内炎ができるという心配がほとんどありません。
  • 食事や歯磨きの時は取り外しが可能できるので、口腔内を清潔に保てます。
  • 1か月に一度、矯正中の歯型をとってアソアライナーを製作するため、誤差が少なく、無理なく装着できます。
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの患者様でも安心して治療が行えます。
  • 以前からある透明マウスピース「クリアアライナー」に比べ、厚みや種類、プログラムが改良されています。

※但し、症状が重度の場合は適応できない場合もあります。

アソアライナー治療の進め方

診断と治療内容の説明を行います。

レントゲンと歯型の採取等を行い、アソアライナーでの矯正が可能かどうか診断させていただきます。

治療が可能と判断した場合、患者様の症状に応じた矯正治療を詳しくご説明させていただきます。

歯型から模型を作成し、アソアライナーを作製します。

アソアライナーまず歯型を取り、模型を作成します。次に、「アライナー・エイド・プログラム」というコンピュータソフトを使用して移動量や回転角度などを割り出します。これによって理想的な歯並びになるまでの歯列の動きを予測し、必要となるアソアライナーの数と形を計算します。
プログラムのデータを元に、理想の歯並びに近付けるように数ミリだけ今の状態から歯を移動させた模型を作製し、模型を元にアソアライナーを作製します。

日常的に装着し、経過状況の確認と調整を行います。

アソアライナーの装着アソアライナーの装着は、1日17時間以上、原則的に食事と歯磨きの時以外は常にアソアライナーを装着していただきます。
約2週間に1回来院していただき、その度に歯型の作製を行い、新しいアソアライナーと変え、少しずつ歯列を矯正していきます。

後戻りを防ぐためにリテーナーを装着し、保定します。

歯がきれいに並んだ後は、後戻りしないよう保定を行います。保定期間中も定期的に来院していただき、お口の状態をチェックいたします。

治療終了はお口のケアのため、定期検診にお越し下さい。

治療完了後も定期的な経過観察が必要です。

正しく咬み合わせは機能しているか、後戻りが起きていないかなどを定期検診でチェックします。 正しくケアし、きれいな歯並びを大切にしてください。

ページ上部へ戻る