医療費控除

医療費控除をご存知ですか

医療費控除とは、自分自身や家族のために支払った医療費の合計額が一定の金額を超える場合、その超える部分について控除を受けることができる制度のことです。

申告をすると税金が戻ってきます

  • 自分自身又は自分と生計を一にする家族のために支払った医療費である
  • その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費である
  • 治療にかかった費用と、診療や治療のための通院費用である

交通費など、診療や治療のための通院費用は認められます。通院の日時と要した交通費のメモ、タクシーの領収書などは大切に補完しておいて下さい。

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

実際に支払った医療費の合計額-保険金などで補填される金額-10万円 控除例

還付金一覧

年収/医療費50万円100万円150万円200万円
200万円40,000全額全額全額
400万円36,00081,000126,000全額
600万円36,00081,000126,000171,000
800万円80,000180,000280,000380,000
1000万円80,000180,000280,000380,000
1500万円120,000270,000420,000570,000
1500万円超120,000270,000420,000570,000

※あくまでも一例です。扶養控除や他の所得控除によって還付金額は上下しますのでご注意下さい。全額と記載がある欄は源泉徴収票の源泉徴収税額の全額が還付されます。

控除を受けるための手続き

お持ちいただくもの
源泉徴収票・医療費の領収書等・印鑑
記入事項
還付振込先に指定する銀行名と口座番号

上記をご確認のうえ、お住まいの所轄の税務署に持参し所定の申告用紙に記入します。

申告の時期

  1. 確定申告は2月16日から3月15日迄です。
  2. 還付申告書の詳しい記入方法は、所轄の税務署又は会社の経理担当者にお尋ね下さい。自営業の方は税理士さんに領収書等をお渡し下さい。
  3. 郵送による申告もできます。

確定申告で医療費控除の申告を!

ページ上部へ戻る