虫歯・歯周病治療

むし歯・歯周病はお口の中の2大疾患です

お口の病気の大半を占めるのが、「むし歯」と「歯周病」です。

それぞれ症状は異なりますが、どちらも原因は磨き残しなどが原因の、お口の中の「環境」が影響し、放っておくと歯を失ってしまいます。

多くの人たちは、美しい歯でよく噛む事ができ、一生自分の自然の歯でありたいと、願っております。私たちは、皆さまのお口の健康がいつまでも保たれる様、予防歯科に力を入れています。

むし歯・歯周病

野玉歯科医院ではすぐに治療にとりかかりません

むし歯・歯周病の原因は、お口の中のプラーク(歯垢)が原因です。

歯磨きで磨ききれなかったプラークには、むし歯の原因となるミュータンス菌やラクトバチラス菌と、歯周病の原因となる菌やカビが存在します。

お口の中のプラークが多いなかでむし歯治療や歯周病治療を行っても、またむし歯や歯周病になってしまう可能性が高くなります。

野玉歯科医院では、「まずお口の中の原因菌をなくす」事をはじめに行い、お口の中が綺麗になった状態で、治療にとりかからせていただきます。

プラーク

野玉歯科医院の治療方針について

むし歯・歯周病治療の前に、予防プログラムを受けていただきます

予防プログラム

予防プログラム当院では、直ちにむし歯・歯周病の治療にとりかかりません。
まずは、当院の予防プログラムを受けていただき、その上でむし歯・歯周病治療にとりかからせていただきます。
痛みがひどい場合等は、応急処置を行ってから予防プログラムに入ります。

予防プログラム(成人予防)

むし歯・歯周病治療

むし歯・歯周病治療予防プログラムによってお口の環境が良くなった上で、治療を行います。

むし歯治療に使用する補綴物について

技工物は、すべて当医院内の歯科技工士が責任をもって制作しております。

ニコン製のマイクロスコープ20倍により精度を高めた技工物を制作しております。

補綴物

歯の根の治療(根管治療)

歯の根の病気は、むし歯が大きくて神経をとってしまったあとの管を通して細菌が侵入し、化膿して根の先の骨をとかしながら炎症を起こしていく病気です。

歯の根をそのまま放っておくと

  • ウミの袋が小さいときは自覚症状はありません。
  • ものをかんだときに、歯が浮いたような感じがする、歯にひびく感じがする、などの違和感が出るときもあります。
  • 歯がぐらぐらしてきます。
  • はぐきが腫れて、痛みが出てきます。
根管治療

治療法

神経がなくなって空間となった歯根の管を完全に清掃、消毒し薬をつめて密封することによって歯根の先が化膿するのを防ぎます。

治療法

根管治療で治った歯

奥歯(大臼歯)では、歯根が2根、3根に分かれている場合が多く根管から感染した歯根周囲には、大きなウミの袋ができることがよくあります。そうなると、治療も大変難しく時間や日数のかかる根気のいる治療になります。

この治療が成功した場合、大切な自分の歯を抜かずに将来長く使うことができるのです。

歯根の治療をおえた歯は、後に必ずその壊れた歯冠部に冠をかぶせる必要があります。長もちさせるために、金属の土台で補強したあと冠をかぶせていきます。

根管治療で治った歯
ページ上部へ戻る